美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
美容豆知識ブログ
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

施術内容

本来人間に備わった自然治癒システムであるPRP(自己多血小板血漿)を利用し、肌の弾力や瑞々しさ蘇らせます。血液からPRPを抽出し、希望される部位に注入するだけなので30分程度で終了します。高濃度の血小板から放出されたさまざまな成長因子が、皮膚の若さを保つために重要なヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促し、治癒力と組織再生構築力を増加させます。今まであきらめていた小ジワの悩みを解消し、また、ニキビ痕の凹凸にも効果的です。

お勧めの方

・目の下のちりめんじわを取りたい方
・法令線を目立たなくしたい方
・ニキビ跡を目立たなくしたい方
・アレルギーが心配な方
・注入法で持続期間が長い方法を希望の方

PRP療法とは?

PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略で、多血小板血漿注入療法を言います。体内の壊れた血管や細胞を修復する働きがある血小板は、凝固反応の過程で、様々な成長因子が大量に放出されます。この成長因子の特性を活用し、衰えた皮膚や弱った細胞を再生させ、肌の活性化を促す方法がPRP療法です。この治療は、自己血液を使用するため、他の注入物とは違い、アレルギーや感染症の心配がなく、安全に施術をお受け頂けます。

W-PRPとは?

正確には、「自己白血球含有多血小板血漿」注入療法と言います。PRPに白血球を濃縮し添加した方法で、従来のPRP療法に比べて治療効果や持続性も高まりました。特にヒアルロン酸注入では難しいとされた、ちりめん皺に効果的な治療法です。

 

W-PRPプレミアム(セルリバイブジータ)とは?

正確には、「細胞成長因子添加自己白血球含有多血小板血漿」注入療法といいます。血小板と白血球を濃縮させたセルリバイブ(W-PRP)に成長因子(注1:グロースファクターFGF)を添加し注入する方法です。肌や細胞の老化を再生させるために最も必要とされるグロースファクターFGFを添加することにより、弱った細胞を活性化させ、自然治癒力と組織再生力を高める効果的な治療法です。PRPやW-PRP療法では難しいとされた深いしわや弛み、凹みに効果的な治療法です。
 
注1:グロースファクターFGFとは…皮下組織に持っている成分で、真皮層の線維芽細胞に働きかける成長因子で、コラーゲン線維を増やす働きをしてくれます。グロースファクターFGFは、厚生労働省の安全審査も完了しており、医療現場では、創傷治療や 皮膚の潰瘍などの治療に幅広く使用されています。

肌老化と線維芽細胞の関係

表皮は、外側の角質層と、新しい皮膚を作る基底層に分かれ、その基底層を支えるのが真皮です。
皮膚の本体である真皮の90%はコラーゲンです。線維状で網の目のように張り巡らされており、水分を保ち肌に弾力を与えます。

肌老化の主な原因は、真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の質と量が低下することにありますが、それは、線維芽細胞の生産能力の低下が最も大きな原因となっています。

この線維芽細胞が、弾力を保つコラーゲンやエラスチン、保水力を保つヒアルロン酸の生成と分解を繰り返しているのですが、加齢と共にその生産能力は減少し真皮のコラーゲンの代謝は衰え、皮膚の水分保持能力や新陳代謝も低下し、その結果として肌の老化が進みます。

グロースファクターFGFの有効的な利用方法について

グロースファクターFGF添加についての理論は学会でも取り上げられており、クリニックの見解も様々ですが、安全に使用するためには施術する患者様の元々のPRPの血小板濃度を把握し、その数値に見合った診断の元で添加する量を決定するべきであると考えます。例えば、血小板濃度の数値が高く、ターゲットが目の下の笑い皺、ちりめん皺の場合、FGFを通常の量で添加してしまうと、目の下が過剰に膨らんでしこり(肉芽腫)が出来てしまう可能性も否めません。当院では、このようなトラブルを回避する為、予め注入濃度を調整し注入部位別に慎重に施術を行っています。

ページの先頭へ戻る
POINT - リッツ式オリジナル再生療法

当院では、3種類の再生療法に加え、血液を遠心分離器にかける時間を調整することにより、従来のPRPよりも更に効果的な注入が行えます。プレミアムW-PRP療法では、それぞれの症状や治療部位に合わせてグロースファクターの添加する比率や注入量の調整を正確に行っていますので、安全で高い治療効果が期待出来ます。

施術可能部位

FACE…額のシワ、目の下のクマ・タルミ・凹み、目の上の凹み、コメカミの凹み、法令線・ゴルゴ線のシワ、口唇周囲のシワ、頬の凹み、傷跡・ニキビ・水疱瘡の凹み、首のシワ
BODY…妊娠線、肉割線、乳輪の萎み、手の甲のシワ、肘のシワ

リッツ式皮膚再生療法の比較

1. リッツ式PRP
  • 効果の持続期間

    1年(年齢や皺の状態によって個人差があり)

  • 効果を実感 するまでの期間

    1ヶ月~2ヶ月目

  • 適応年齢

    20歳代~30歳代

  • 適応箇所

    主に顔全体の浅いしわ

  • 治療効果

    軽い小皺が適度に軽減され、肌質が改善される。

  • 麻酔

    表面麻酔(塗る麻酔)

  • 施術時間

    約40分~1時間(採血~注入まで)

  • 痛み

    刺針時の鈍痛

  • ダウンタイム

    2~3日

  • 内出血

    目周囲など注入部位によっては稀に出ることもある

  • アレルギー・副作用

    自己血液のため、特になし

  • 相乗効果の高い治療

    ハムラ法、経結膜ハムラ法、フェイスリフト、スプリングリフト、シルエットリフト、ボトックス注入など

  • 検診

    特にないが、必要に応じて行う

  • 化粧

    翌日から可能

  • 入浴

    翌日から可能

  • 飲酒

    腫れが生じた場合は2~3日控えた方が良い

2. リッツ式W-PRP
  • 効果の持続期間

    2年~3年(年齢や皺の状態によって個人差があり)

  • 効果を実感 するまでの期間

    2週間~4週間目

  • 適応年齢

    30歳代~40歳代前半

  • 適応箇所

    主に顔全体のしわ、軽度なたるみ

  • 治療効果

    小じわやちりめん皺、法令線の比較的浅い皺が改善され、肌質の張りも改善される

  • 麻酔

    表面麻酔(塗る麻酔)

  • 施術時間

    約1時間(採血~注入まで)

  • 痛み

    刺針時の鈍痛

  • ダウンタイム

    2~3日

  • 内出血

    目周囲など注入部位によっては稀に出ることもある

  • アレルギー・副作用

    自己血液のため、特になし

  • 相乗効果の高い治療

    ハムラ法、経結膜ハムラ法、フェイスリフト、スプリングリフト、シルエットリフト、ボトックス注入、プラセンタ点滴など

  • 検診

    特にないが、必要に応じて行う

  • 化粧

    翌日から可能

  • 入浴

    翌日から可能

  • 飲酒

    腫れが生じた場合は2~3日控えた方が良い

3. リッツ式 プレミアムW-PRP
  • 効果の持続期間

    3年~5年(年齢や皺、たるみ、凹みの状態によって個人差があり)

  • 効果を実感 するまでの期間

    1週間~2週間目

  • 適応年齢

    30歳代後半~

  • 適応箇所

    主に顔全体の皺・たるみ(目の上の凹み、目の下のクマ・たるみ、額、眉 間・法令線のしわ、マリオネットのたるみ、コメカミ・頬の凹、首の皺)など

  • 治療効果

    目の下の凹や顔面の深く刻まれたしわが軽減され、肌質や肌の張りが改善される

  • 麻酔

    表面麻酔(塗る麻酔) / 静脈麻酔

  • 施術時間

    約1時間(採血~注入まで)

  • 痛み

    刺針時の鈍痛

  • ダウンタイム

    5日~1週間(注入部位によって異なる)

  • 内出血

    目周囲など注入部位によっては稀に出ることもある

  • アレルギー・副作用

    グロースファクターの添加比率や注入量を誤るとしこり(肉芽腫)が出来
    る場合がある

  • 相乗効果の高い治療

    下まぶた脱脂、ハムラ法、経結膜ハムラ法、フェイスリフト、スプリングリフト、シルエットリフトボトックス注入など

  • 検診

    特にないが、必要に応じて行う

  • 化粧

    翌日から可能

  • 入浴

    翌日から可能

  • 飲酒

    腫れが生じた場合は2~3日控えた方が良い

施術をお受け頂けない方

・妊娠中、授乳中の方
・悪性腫瘍の既往の方
・凝固抑制剤を内服中の方
・肝機能障害のある方
・膠原病(SLE、リュウマチなど)の方

POINT

現在では、メスを使わない治療法としてすっかり定着した皮膚再生療法ですが、その一方では数々のトラブルも耳にするようになりました。例として多いのは、①効果が殆どなかった②腫れや内出血が中々引かなかった③注入部位にしこりが出来てしまった④顔の左右が非対称になってしまったなどです。では、このようなトラブルは何故起こるのでしょうか?


(1) 効果が殆どなかった原因

術前のインフォームドコンセントの段階で、治療に関するメリット・デメリットの説明が不足していることにより、患者様の皺の状態やご要望に沿った注入法が選択されていないことが考えられます。元々の血小板が少ない方では血小板濃度が上がらないこと、従来のPRP注入法では効果が出せないことなどです。

(2) 腫れや内出血が中々引かなかった原因

担当医の手技の問題が挙げられます。また、PRPの作成段階で、赤血球が多く混入したものだと内出血を引き起こし易くなり、時間が経過しても思うように引かないことがあります。

(3) 注入部位にしこりが出来てしまった原因

プレミアムW-PRPは、グロースファクターを添加するのですが、調合の比率や注入量を誤ってしまうと、しこり(肉芽腫)が出来る確率が高くなります。経験豊富な医師の元で受けられないことによって起こってしまうトラブルの一つでもあります。ヒアルロン酸注入のトラブルの場合は、ヒアルロニダーゼという分解注射で解決出来ますが、プレミアムW-PRPの場合は、時間の経過とケナコルト注射で組織を柔らかくする方法しか現段階では解消法がないのが現状です。

(4) 顔の左右が非対称になってしまった原因

注入関係の治療は、医師のセンスや経験によって患者様の満足度は大きく違ってきます。

※上記のトラブルを回避する為、当院ではこれまでに培った経験や技術力・情報力のもと、患者様のニーズに応じた治療を心掛けております。他院で受けたが効果が無かったという方も、是非一度診察にお越しください。

PRP療法の特徴
  • 施術時間

    約100分

  • 麻酔

    麻酔テープ

  • 腫れ具合

    ☆☆☆☆☆

  • ダウンタイム

    2~3日間

同時に行うことが多い施術

ページの先頭へ戻る

料金表

  • PRP療法

    210,000円

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 再生医療は、人体の細胞を利用して、病気や事故で失ったり、損傷したりした組織や器官の再生・修復をしようとする治療法です。心筋梗塞、白血病、関節炎、熱傷などに対して研究が進められています。美容外科の分野でも、この再生医療を応用した治療が行われています。
  • 血小板から放出されるのが成長因子が、組織に働きかけ肌の活性化を促します。加齢に伴い真皮のコラーゲンの代謝が衰え細胞の老化が進みます。衰えた皮膚に高濃度の血小板を注入すると、さまざま成長因子が放出され、細胞が活性化されます。
  • 施術後2~3週間で効果が表れ、個人差はありますが、6ヶ月~1年半持続します。通院の必要もなく、肌の弾力やみずみずしさが自然に戻ります。効果が衰えても元の状態に戻る事はありません。
  • 自分の血液成分を注入するので、アレルギーや後遺症はありません。安心して受けて頂けます。
  • 大きな腫れはありません。個人差はありますが、2~3日間位です。
  • 麻酔のテープ、または静脈麻酔で行います。術後もほとんど痛みはありません。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ