美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

施術内容

目元の状況により、強力な固定力があるSMK法(埋没法)でも二重形成が難しい場合、小切開法を選択することがあります。 二重ライン上を5mmのみ切開し、眼輪筋を切除するだけで、きれいな二重のラインが出現します。二重がはずれない自由なデザインができるのが全切開法です。目頭から目尻まで切開し、二重になり難くしている筋肉や皮膚・脂肪を除去して自然に二重になるようにする手術です。

お勧めの方

・戻らない方法で二重にしたい方
・平行型の広い二重にしたい方
・厚ぼったい瞼(まぶた)を、すっきりした二重にしたい方
・はなやかでくっきりした二重にしたい方
・二重と同時に眼瞼下垂の手術もしたい方
・蒙古ひだの張りが強いが、平行型の二重にしたい方
・腫れを最小限にして安定した二重瞼(まぶた)にしたい方
・強力な埋没法スクエア・マルチプル・ノット法でも、二重にならなかった方

全切開法(切開式重瞼術)

人気タレントさんの影響もあり、近年『くっきりした平行型の二重(ふたえ)』を希望する方が増えています。

眼窩という骨格をはじめ、皮膚の厚さ・硬さ、眼輪筋の厚さ、たるみ、上眼瞼挙筋の強さ、眼窩脂肪の厚みなどが、二重(ふたえ)の幅、形成の容易さを決定する重要な因子となります。
これらは二重の手術の際に、阻害因子となって、二重になるのを邪魔をする可能性があります。阻害因子が希望の幅の二重をつくるのに抵抗する場合には、埋没法で希望の広さの二重を作製することは難しくなることがあります。
このような場合には、上まぶたの切開式重瞼術(以下、切開法)が必要になります。切開法ではさまざまな手技を駆使して、これらの阻害因子をひとつずつ解決することが可能です。

切開法の概念

切開法は読んで字のごとく、上まぶたの皮膚を希望の二重(ふたえ)のラインで切開して、上記の阻害因子を取り除く作業を行い、ふたえを形成することになります。
皮膚は二重のライン上で、数ミリ幅で切り取ることが多いのですが、狭い二重を希望される方には皮膚切除は必要ないこともあります。
切開法の概念は、上まぶたの皮膚を、切開線の直下で瞼板、挙筋腱膜に癒着(結合)させる方法です。具体的には眼輪筋、隔膜・瞼板前脂肪などの組織を切除することによって皮膚ー瞼板、ないし皮膚ー挙筋腱膜の癒着を確実なものとします。
この切除組織が瘢痕という組織に置き換わって、瘢痕線維で結合されることにより、ほぼ永久的に二重(ふたえ)を維持することが出来るのです。この線維性結合は、埋没法では形成されないため切開法は埋没法より強い固定力が得られるのです。

切開法の利点

1)切開法による強い固定力のメリットは、眼を開く際に引き込みが強くなるため、くっきりした二重をつくることが出来ます。埋没法ではナチュラルな浅めの二重しか出来ない方は、この切開法が適応されることになります。

2)固定力が強いということは、埋没法に多く見られる重瞼線の消失がほとんどないことになります。

3)広い幅の二重(ふたえ)にも対応することが出来ます
二重のラインは眼窩脂肪の下端で折れ返るため、広い幅の二重(ふたえ)を希望される場合にはこの眼窩脂肪のラインも引き上げる必要があり、切開法が絶対適応になります。

4)睫毛下の皮膚、眼輪筋のたるみを引き上げることが出来る
日本人に多いのが、睫毛近くの皮膚、眼輪筋が過剰に発達して、睫毛を覆ってしまっている方です。正面から見ると睫毛の根元が見えない方が一重まぶたの方には圧倒的に多くなります。この症状がひどいと”逆まつげ"という状態になります。睫毛が皮膚に押されて、眼球を刺激してちくちくした症状が出る方もいます。
いずれにせよ睫毛近くでの余剰皮膚は目を小さく見せるとともに、埋没法手術後のふたえライン消失の最大の要因となるため、切開法ではこの部位の処理を行うことが少なくありません。結果的に切開法では睫毛の根元がしっかり見えること、すなわち黒目(角膜)の上縁がしっかり見えることにより、目が大きく見えることになります。

切開法の欠点

1)切開法は手術後の腫れが大きく、最低でも2週間程度のお休みを必要とします。さらに細かい部分で腫れが完全に消失するまでには3~6ヶ月を要します。特に幅広のふたえをご希望の方は、余裕を持ってお休みを取っていただく必要があります。

2)皮膚に傷が一切残らない埋没法と比較して、切開法ではふたえのラインに沿って切開線の傷跡が少なからず残ります。この傷は目を開いている際には目立ちませんが、眼を閉じた際には3~6ヶ月程度はピンク色の線として認識されます。腫れとともにメークでごまかすことになります。しかし、最終的にこの切開線を気にされる方はそれほど多くはいないのが現実です。

切開法の一般的手術法

デザインは手術前に座った状態で、鏡を見ていただきながら行います。
まず、睫毛より6mmの高さを標準としてブジーを用いて開瞼してもらい、鏡で確認します。さらに広めの二重を希望される場合には7mm、8mmと広げていきます。 さらに広げたい場合には、8mmラインの頭側の皮膚を切除することになります。 平均的に皮膚切除は4mm程度(3~6mm)となります。

手術は局所麻酔、ないし静脈麻酔下に行います。痛みに弱い方、恐怖感の強い方では静脈麻酔が安心です。
手術ははじめデザインに沿って皮膚切開を行います。 眼輪筋と皮膚を一塊に三日月状に切除し、十分に止血を行います。 その下方に眼窩隔膜にくるまれた眼窩脂肪が透見できますが、必要に応じて隔膜を外側で破り“厚ぼったさ”の原因である眼窩脂肪を電気メスで止血しながら切除します。
次に、瞼板前脂肪に関しては、はっきりとした深いラインを希望される場合には瞼板を露出させるよう瞼板前脂肪を切除しますが、自然でソフトなラインを希望される場合には瞼板を露出させません。
皮膚切開下縁の皮膚に付着している眼輪筋と瞼板前組織を吸収糸で縫合固定します。 固定は内側、中央、外側の3点固定とします。最後に上縁、下縁の皮膚を8-0ナイロンで縫合します。

*切開法と同時に行われることが多い手術

切開法に際して、眼の開き、厚ぼったさの改善など、さまざまな手技を併用して改善を試みることが多いのです。

1)挙筋腱膜前転法

切開法で二重(ふたえ)を作成すると同時に、瞼の開きをより改善希望する方が多くいらっしゃいます。その場合、切開法の際に瞼板上縁で眼瞼挙筋腱膜を同定して、頭側の腱膜に糸をかけて、瞼板に縫縮することにより、黒目(角膜)の露出が劇的に改善されます。

2)眼窩脂肪摘出

切開法を行う目的にもよりますが、多くの場合には幅広の二重を希望されるため、手術中に眼窩隔膜を切開して、適量の眼窩脂肪を摘出します。

3)隔膜前脂肪切除

まぶたの厚ぼったさの原因にはいろいろなものがあります。一般の方にはこの原因がなんであるかわかりにくいのですが、われわれベテランドクターは視診、触診でこの原因がわかるのです。もし眼輪筋下の脂肪が厚ぼったさの原因である場合には、丹念にこの脂肪を切除することにより厚ぼったさは改善することになります。

小切開法

SMK法、MS法の開発により現実では適応が少なくなってきた方法です。

但し、上まぶたの皮膚のたるみがかなり強い方(特にまつ毛付近のたるみが強い方)、また蒙古ヒダの張りが強いのに平行型二重を無理に望まれる方など特殊な希望の方に行うことがあります。
また、当院における強力な縫合法で行ったのに一重まぶたに戻ってしまった方も、適応になります。

これは希望の二重のライン上で約5mmの切開を行います。
この切開は症例に応じて1ヶ所ないし2ヶ所となります。
縫合法(切らない重瞼術)との最大の差は、この切開部位から二重阻害因子でもっとも強い『眼輪筋』という筋肉を処理することにあります。
実際の手術の際にはこの小切開創より眼輪筋を切除するだけでキレイな二重のラインが出現するのです。
この手術もマイクロテクニックを応用することにより非常に腫れの少ない方法です。

POINT

全切開法は、ほとんど戻ることがなく、希望のライン通りに自由にデザインできる施術です。
皮膚や筋肉の厚み、脂肪など二重を作りにくくしている原因を取り除き、理想の二重にできる施術です。当院では深いくっきりとしたライン、自然でソフトなラインなどご希望によって調整することができます。二重のライン上を切開しますので、傷は開瞼時には見えません。最終的にほとんど分らなくなります。同時に眼瞼下垂の手術、脂肪の除去、皮膚のたるみを取る施術ができます。

小切開法は、二重のライン上にある邪魔な眼輪筋を取り除いて、抵抗なく二重の折り返しを作る手術です。二重のライン上を約5ミリ切開し、そこから二重を作りにくくしている眼輪筋を切除するだけで、きれいな二重のラインが出現します。
二重のライン上を切開しますので、傷は開瞼時には見えません。最終的にほとんど分らなくなります。マイクロ・テクニックを応用する腫れの少ない施術です。

ページの先頭へ戻る

全切開法の特徴
  • 施術時間

    ≪全切開≫約100分
    ≪小切開≫約60分

  • 麻酔

    静脈麻酔/局所麻酔

  • 腫れ具合

    ≪全切開≫★★★☆☆
    ≪小切開≫★★☆☆☆

  • ダウンタイム

    ≪全切開≫抜糸 5日後
    抜糸後アイメイク可
    1週間もすればかなり腫れはおさまります。
    いつもより濃いアイメイクでカバー。
    ≪小切開≫約5日~7日
    抜糸 5日後
    抜糸後アイメイク可

同時に行うことが多い施術

症例写真



全切開法症例写真

全切開法(+目頭切開)



全切開法(+脱脂)



全切開法(+下眼瞼切開法-Hamra法)



全切開法

「くっきりとした二重を希望の方は切開法の適応となります。」



全切開法+目頭切開法+涙堂形成

「全切開と目頭切開でパッチリとした瞳になりさらに涙堂形成により豊かな表情に改善されました」

小切開法症例写真

ページの先頭へ戻る

料金表

  • 小切開法

    324,000円

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 二重には、皮膚の厚さ、硬さ、眼輪筋の厚さ、皮膚のたるみ、上眼窩挙筋の強さ、眼窩(がんか)脂肪の厚みなど、様々な因子がからんでいます。全切開法は、このような筋肉や皮膚、脂肪を除去して自然に二重になるようにする手術ですから、二重ラインが消失する可能性はほとんどありません。
  • 全切開法は二重のライン上を目頭から目尻まで切開します。抜糸後傷は赤味がありますが、3~6ヶ月で目立たない細い1本の線になります。もちろんお化粧でカバーできますし、目を開けている時には分かりません。
  • 全切開法は、デザインが自由にできてほとんど戻ることがありません。全切開法であれば、広い平行型も可能です。しかし、当院オリジナルの強力な埋没法SMK法が適用できる可能性もありますので、一度瞼の状態を拝見させて下さい。
  • 皮膚や筋肉が厚い、たるみがある、幅広い平行型の二重を希望している等、固定力が強い当院の埋没法スクエア・マルチプル・ノット法でも難しい方に向いています。
  • 新しく希望する二重の幅、前回の二重切開法の強さ、方法、さら目の質によって様々な方法が考えられます。当院の埋没法スクエア・マルチプル・ノット法で可能な場合もありますので、一度拝見させて下さい。
  • 前回受けた方法と比較すると当院の埋没法スクエア・マルチプル・ノット法は固定力がかなり強いと思われますので、当院オリジナルのSMK法で十分である可能性があります。切開法はデザインも自由にできますし、ほとんど戻らない長所があります。適した手術法を診断致しますので、一度お越しく下さい。
  • 切開法で作ったラインを狭くするには、挙筋短縮法、皮膚側から切開をして現在のラインの癒着を解除し脂肪をはさみこんで再度二重の手術をする等が考えられますが、修正手術は拝見しませんと明確なことが申し上げられませんので、一度診察にお越し下さい。
  • 二重をなくす、あるいは狭くする手術は難易度の高い手術です。方法は、瞼縁に沿って出来るだけ睫毛に近い所を切開します。この部位は術後早期から傷が殆ど目立ちません。次に眼輪筋の下を剥離して眼窩脂肪を引き出します。引き出した脂肪を二重のラインをまたいで睫毛側の組織に縫着します。最後に皮膚を丁寧に縫合します。
  • 術後5日目抜糸。術後2~3日は腫れが強くその後急速に引いていきますが、おおまかに引くまで1~2週間程かかります。抜糸後はいつもより濃いアイメイクでカバーして下さい。
  • まず予備の点眼麻酔をして、髪の毛よりも細い極細の注射針で、痛みを柔らげる成分を含んだ局所麻酔をしますので、ほとんど痛みを感じません。ご希望の方には眠っている間に終了する静脈麻酔を使用することもできます。術後に強い痛みを感じることはほとんどありません。念の為お渡しする鎮痛剤で十分カバーできます。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ