美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

隆鼻術 [シリコンインプラント]

鼻の鼻根部は骨で硬く、中間部は軟骨で少し硬く、鼻尖部は軟骨の為軟らかくなっています。当院のインプラントはこのような鼻の構造に基づいて設計されているので挿入後の形、触り心地が非常に自然で触ってもほとんど存在が分かりません。高さはお一人お一人の希望に合わせてデザインをしますので、調整が可能です。また鼻根部は鼻骨骨膜下に挿入するため安定して動きません。鼻の穴の中から行いますので、外側に傷がつきません。

鼻尖形成術 [鼻尖縮小術]

団子鼻を細くシャープな鼻に形成します。脂肪組織の切除、鼻翼軟骨の縮小、離れている左右鼻翼軟骨の処理この3つの操作を行います。当院では、ここから独自の方法を加え側面から見た形も整えます。本来は捨ててしまう切除した鼻翼軟骨を支柱として使用し、更に先端にも軟骨を移植し、鼻尖を理想的な位置にします。どこから見てもシャープでバランスの良い鼻尖にする3次元的美しさを追求したまったく新しい鼻尖縮小術です。

鼻翼形成術 [鼻翼縮小・挙上術]

日本人の悩みで圧倒的に多い鼻翼幅を狭くしたいという希望に対しては、今までなかなか良い方法がありませんでした。そこで、当院が開発したのがエーラー・フラップ法です。一般的な方法では切除するべき軟部組織を残し、鼻翼を中央に寄せる力源として利用し、最小限の切開で鼻翼幅を大幅に減少させる方法です。鼻翼幅を狭くしたいという希望が多い日本人にとっては最適且つ画期的な方法です。

鼻中隔延長術 [鼻中隔延長術]

日本人の鼻の特徴である鼻が短い、鼻尖が低く上向きに対して大きな変化を望む場合や重度の短鼻の場合は、鼻中隔に軟骨を移植して延長します。鼻尖の長さ、角度、幅を自由に決められる鼻中隔延長術は、鼻の構造自体を改善する”構造鼻形成術“です。この手術によって、日本人に多い上向きの丸い鼻尖の悩みは完全に解消されることになりました。鼻の構造自体を改善する術式ですから、生涯にわたって安定した結果が得られます。

鼻骨骨切り術 [鼻骨骨切り(ワシ鼻・ハンプ)]

鼻筋の途中に段がある鷲鼻は、数種類の骨形態改善用の器具を使って、骨格自体を改善します。鷲鼻は出っ張りがわずかな場合は、鼻骨を削るだけで改善できます。重症の場合は出っ張りの切除のみでは切除部分の鼻筋が太くなってしまう為、鼻骨を骨切りして中央に寄せ細い鼻筋を形成します。

鼻柱形成術 [鼻柱挙上術]

鼻の中では、地味な部位が鼻柱です。単独で行うことは決して多くないのですが、鼻尖、鼻翼と密接な関係にあり、美しい鼻を形成するには、鼻尖、鼻翼、鼻柱のバランスが重要です。「鼻柱が下がっている」「横から見ると鼻の穴が見える」場合は、皮膚切除を行い、鼻柱部内側脚、軟部組織を鼻中隔端に縫合して挙上します。

鼻孔縁形成術 [鼻孔縁下降術]

正面からみて鼻の穴が目立つ場合に、鼻孔縁に軟骨移植または皮膚ー軟骨移植を行ない鼻の穴を見えなくします。鼻孔縁の形と重症度に応じて、鼻翼軟骨、耳介軟骨、皮膚ー軟骨複合組織移植を選択します。

鼻下長短縮術(lip lift) [鼻下長短縮術(lip lift)]

鼻柱基部を下降させ、かつ鼻の下を短くする施術です。但し、鼻尖は変化しないため、鼻唇角が大きくなります。そのため、術前に横顔のバランスを考慮の上、治療方針を決定します。また、上顎のLe FortⅠ型骨切り術と同時に行なうこともあります。

Filler(皮膚充填剤)注入 [注入法(ヒアルロン酸など)]

注入により鼻を高くするだけではなく、斜鼻、鼻柱、鼻孔縁にも注入して、形態を整える事が可能です。ダウンタイムのない施術として気軽に受けて頂けるプチ整形です。注入素材としてヒアルロン酸、注入型ハイドロキシアパタイト、レディエッセなどがあります。非アレルギー性であり、FDA(米国における厚生省)、CE(EU圏の安全規格)にも認可され美容医療分野で広く使用されています。

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ